ホーム > 交通教育ソリューション事業部 > 交通大学 > 第21回 交通大学

交通大学

第21回 交通大学

テーマ

変革する交通安全教育を考える

生まれ変わる交通大学
 昨年20周年を迎えた交通大学は、今年度から装いも新たにスタートします。今日から明日への交通社会が抱える諸問題に、若手スタッフの新鮮な感覚と
視点でチャレンジしてまいります。
 同時に市民の皆さまのご意見やご要望に耳を傾け、手に手を取って良き交通社会の実現に向けて邁進する所存です。
 今後ともご支援くださいますよう宜しくお願いいたします。

特別講演

健康なくして安全なし

金光 義弘(川崎医療福祉大学 名誉教授)

第1講座

能動的に子どもが学ぶ安全教育

幼児・児童の交通安全教育を臨床発達心理学で考える

山口 直範(大阪国際大学 人間科学部 准教授)

第2講座

高次脳機能障害について

主要な症状と自動車運転との関連

田中 義人(岡山リハビリテーション病院 医長)

第3講座

高次脳機能障害を有する運転免許保有者の運転再開支援について

第1部 運転再開支援 取り組み事例① <作業療法士の立場から>

酒井 英顕(岡山リハビリテーション病院 作業療法士)

第2部 運転再開支援 取り組み事例② <教習所の立場から>

多田 恵二(玉野自動車教習所 交通安全教育センター長)