システムコンサルテーション ソフトウェア設計及び開発 コンピュータ関連機器の販売 OA機器及び関連商品の販売 インターネット関連

HOME   |   事業案内   |   製品案内   |   イベント&セミナー   |   お問い合わせ   |   交通教育ソリューション事業部   |  

概要

 出荷時にハンディー端末を利用して現品票と指示書のバーコードをスキャンして納品相違を防ぐシステムです。
 現品票と指示書の2点、または現品票と指示書と製品モデルの3点による確認を目視による作業者の思い込みをなくし、バーコードによる機械チェックを行い、効率を落とさずに検品を行います。

特徴

生産計画に沿ったチェック

検品すべきデータをパソコンからハンディー端末に転送することによって対象外の製品を出荷対象とすることはなく、また生産ラインごとのデータに限定することによって他製品の混入を防ぎます。

画面と音と振動による通知

騒音のある工場内でも確実に作業者に相違を伝えるために、チェックエラーの場合は、ハンディー端末を振動させて通知します。また、チェック製品の内容をハンディー端末の画面に表示することによって製品の付属情報を確認できます。
ハンディー端末イメージ

未出荷の把握

検品した履歴はハンディー端末に蓄積されます。そのデータをパソコンに転送することによって、本日出荷すべき製品とのチェックを行い、出荷状況を簡単に把握することができます。

画面サンプル

画面サンプル1 画面サンプル2
画面サンプル3 画面サンプル4